室内化したテラスを持つ家

子育てを終えたご夫婦が日々の生活を大切に暮らしていく終の住まいです。 生活の中心となる2階では、南東に設けたテラスを囲むようにリビングとダイニング配置。テラスは穴を開けた屋根や壁に囲まれたより室内化した屋外空間で、周囲の視線を気にすることなく、自然に触れる機会を増やし、季節の移り変わりを身近に感じながら暮らしていくための装置になっています。 1階には仕事場となる音楽室があり、この音楽室によって生ずる2階の床段差、3階と繋がるリビングの吹抜、西側の緑の景観を取込む展望テラスによって、空間の多様性と連続性がある住まいです。
>>設計・工事経過はアーキプレイスブログへ

■DATA
東京都国分寺市
竣工   2015年12月
構造規模 木造 3階建(SE構法)
敷地面積 139.52m2
建築面積  65.90m2
延床面積 142.39m2
構造設計 NDN(エヌ・ディー・エヌ)
施工   匠陽
防音室  アコースティックエンジニアリング
造園   TOKUZOU
備考   温水式床暖房
写真   大沢誠一、Archiplace

図
室内化01_002

外観  左下が玄関ポーチ

室内化02_0867 2

外観遠景  3階テラスの開口がが見える

室内化03_005

外壁は手仕事の味わいのあるガルバリム鋼板一文字葺き

[左]玄関ポーチ  [右]階段が吊られた玄関ホールを見る

[左]溶融亜鉛メッキ鋼板リン酸処理の表情を見る  [右]タイル、砂利、コンクリート刷毛引き

室内化06_035

玄関ホールからポーチを通して道路側のシンボルツリーが見える

室内化07_037

玄関ホール  下足入れ収納はウォールナット突き板貼

室内化08_038

階段詳細

室内化09_042

本格的に防音された音楽室

[左]階段と床タイル  [右]踏み板と稲妻型ささらと手すり

室内化11_0768

階段手すり詳細

室内化12_017

ダイニング側(手前)から一段高いリビングと室内化したテラスを見る

室内化13_018

ダイニングキッチン キッチンの腰壁はステンレスバイブレーション仕上

室内化15_0809

ステンレスバイブレーション仕上げのディテール

室内化16_0058

リビングと室内化したテラスは段差なく繋がる

室内化18_014

リビングの天井は高くなっていて、3階や遠くの木立が見える

室内化19_016

リビングの外の室内化されたテラスが室内の開放感を高める

室内化20_024

室内化したテラス  壁で守られ四周に庇がかかっている

室内化21_015

リビングと斜めの関係にあるダインング側をみる

[左]キッチン  [右]キッチンの奥に家事スペースがある

[左]家事スペースと洗面室の間にある物干テラス  [右]洗面室から家事室方向を見通す

室内化24_025

リビングの吹抜(左)と3階の関係を見る

[左]階段の上がり下り時には、テラスを通して遠くの木立が見える  [右]寝室、テラス、階段の関係を見る

室内化26_026

3階からリビングを見下ろす

室内化27_0978

3階の窓から室内化したテラスをを見下ろす

室内化28_032

室内化したテラスの夕景

室内化29_033

照明の点いたリビングを入り口から見る

室内化30_030

リビングの天井際の間接照明が壁を優しく照らす

室内化31_011

外観夕景

室内化32_012

南の庭の夕景

[右]道路側シンボルツリー  [左]南の庭のシンボルツリー

室内化34_0842

杉板の木目を転写した南の庭のコンクリート