細長変形地の二世帯コートハウス

敷地は都心の住宅密集地にあり、三向を建物に囲まれた細長い変形敷地です。
南西方向にある唯一 ” 抜け” を生かせる位置に外部空間(コート、デッキテラス)を設けた
コートハウスとして、周囲の視線から内部を守りながら居住環境を高めました。
住宅密集地でありながらも自然の光や風を感じながら暮らせる、音楽が趣味の共働き夫婦のご家族と、愛猫と暮らす叔母さまとの完全分離型の二世帯住宅です。
>>設計・工事経過はアーキプレイスブログへ

■DATA
所在地  東京都豊島区
竣工   2018年1月
用途   二世帯住宅(長屋建て住宅)
家族構成 ご夫婦+子供 /叔母さま+愛猫
構造規模 木造 3階建(SE構法)
敷地面積 94.65m2(28.63坪)
建築面積 56.77m2(17.16坪)
延床面積 128.08m2(38.74坪)
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 NCN(エヌ・シー・エヌ)
施工   匠陽
備考   充填断熱通気構法
写真   大沢誠一、Archiplace
細長変形敷地 図

>>設計・工事経過はアーキプレイスブログへ

細長変形01_819 細長変形02_828 細長変形03_841 細長変形04_842 細長変形05_847 細長変形06_850 細長変形07_863 細長変形08_859 細長変形09_837


保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存