室内化したテラスを持つ家

一戸建ての住宅

子育てを終えたご夫婦が日々の生活を大切に暮らしていく終の住まいです。 生活の中心となる2階では、南東に設けたテラスを囲むようにリビングとダイニング配置。テラスは穴を開けた屋根や壁に囲まれたより室内化した屋外空間で、周囲の視線を気にすることなく、自然に触れる機会を増やし、季節の移り変わりを身近に感じながら暮らしていくための装置になっています。 1階には仕事場となる音楽室があり、この音楽室によって生ずる2階の床段差、3階と繋がるリビングの吹抜、西側の緑の景観を取込む展望テラスによって、空間の多様性と連続性がある住まいです。

DATA

所在地  東京都国分寺市
家族構成 夫婦
竣工   2015年12月
構造規模 木造 3階建(SE構法)
敷地面積 139.52m2(42.20坪)
建築面積  65.90m2(19.93坪)
延床面積 142.39m2(43.07坪)
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 NDN(エヌ・ディー・エヌ)
施工   匠陽
防音室  アコースティックエンジニアリング
造園   TOKUZOU
備考   温水式床暖房(TES)
写真   大沢誠一(OS)+Archiplace(AP)

設計・工事経過

PAGE TOP