敷地の特性と建て主のライフスタイルを活かした家づくり

私たちは石井と近藤の男女二人を中心とした建築設計事務所で「敷地の特性」を活かし「建て主のライフスタイル」を大切にして、デザインとともに、温熱環境、安全性、品質、コストの“バランスのとれた家づくり”を心がけて設計をしています。
理想の暮らしや夢の実現を願う建て主の依頼に対して、機能性や耐久性といった技術的な裏付けをもとに、ライフスタイルがにじみ出てくるような住まい、普遍的な価値をもった建築で応えていきたいと考えています。
建て主の方をはじめとして、プロジェクトに携わる全ての人たちとのコミュニケーションを大切にして、良い建築をつくりあげていきます。

石 井 正 博 Masahiro Ishii

一級建築士(大臣登録220385号)
OZONE家design 登録建築家
SE構法登録建築士(SEA’Sパートナー
建築家31会協同組合メンバー
東京建築士会会員
1962広島県生まれ
1986広島大学工学部第四類建築学課程卒業
・高齢化対応住宅コンペ入選
・日本建築学会中国支部卒業設計優秀賞
1986~88  (株)CORE建築都市設計事務所
(森義純建築設計室)
1989~94  (株)石堂一級建築士事務所
1995~96 RTKLインターナショナルリミテッド東京支店
1997.3 設計事務所アーキプレイス(ARCHIPLACE)設立

 

近 藤 民 子 Tamiko Kondo

一級建築士(大臣登録310020号)
OZONE家design 登録建築家
SE構法登録建築士(SEA’Sパートナー
建築家31会協同組合メンバー
1969 大阪府生まれ
1992 明治大学工学部建築学科卒業
1992~2003 一級建築士事務所・ダンス
2002 設計事務所アーキプレイスに参加
2004 設計事務所アーキプレイスのパートナーとなる

SEA’S 建築家と建てる木の家  INTERVIEW 設計事務所アーキプレイス→


事務所概要

設計事務所アーキプレイス  ARCHIPLACE

代表者 石井正博(管理建築士)
住所  〒151-0071 東京都渋谷区本町1-20-2 パルムハウス初台301
tel.03-3377-9833 fax.03-3377-9834
設立  1997年3月
URL  http://www.archiplace.com
blog  http://www.archiplace.com/blog/
FB      https://www.facebook.com/ARCHIPLACE
MAIL    archiplace@mbg.nifty.com
登録  一級建築士事務所(東京都知事登録、41812号)
加入  建築士賠償責任補償制度(けんばい)


事業内容

住宅を中心に、クリニック、オフィス、店舗、賃貸住宅の新築およびリフォームの設計監理、インテリアコーディネート、外構計画、設計コンサルティング、家具デザイン。


主な受賞歴

2019 「ベスト・オブ・ハウズ 2019」デザイン賞(エクステリアとデッキ)受賞
2017 「ベスト・オブ・ハウズ 2017」デザイン賞(デッキ)受賞
2008 「第2回トステム設計コンテスト」サッシ部門 佳作
2005 「第22回住まいリフォームコンクール」総合部門 優秀賞
2005 「2004電化住宅建築作品コンテスト」佳作
2002 「第19回住まいリフォームコンクール」水廻り部門 優秀賞


主な掲載誌・TV

【掲載誌】
2019年2月   住まいの設計 Sumai 扶桑社 ミカンの木の育つ二世帯住宅
2019年2月   住宅デザイン手帖 X-nowledge くるりのある家 ほか
2017年8月   建築知識8月号 「木造住宅のすごい新常識」
2016年5月   住まいの設計 Sumai 扶桑社 独立した二世帯が集う家
2014年8月   オーシャンズOCEANS10月号 ライトハウスメディア ときどき電車の見える家
2012年8月   My HOME+ 2012.夏号 エクスナレッジ TMNハウス
2010年1月   My HOME+ Vol.16 エクスナレッジ 千駄木の家
2009年1月   HOME Portrait 別冊新しい住まいの設計155 宙を囲む家
2008年5月   MODERN LIVING 178 モダンリビング 5層なのに3階建ての家
2007年7月   My HOME+ Vol.09 エクスナレッジ 家族が楽しい家
2006年11月  建築家と建てた素敵な家 成美堂出版 囲まれた家
2005年4月  ニューハウス ニューハウス出版 回遊する家
2005年4月  新しい住まいの設計 扶桑社 空に向かって開いた家
2004年5月   LIVING design vol.35 リビングデザインセンター ひかりの家
2000年11月 新しい住まいの設計 扶桑社 野田の家
【TV】
2017年4月   「たとえば、こんな暮らし」(BSフジ) 独立した二世帯が集う家
2005年5月   「住まいの極意#32」(TV東京) 空に向かって開いた家


Policy(大切にしていること)
−01 敷地を活かした家づくり

住まいは、住む人と敷地から生まれると考えています。 光の方向、風の流れ方、視線の抜け具合・・・敷地の特性をしっかりとらえ、それを活かしていく 方向を見つけることが、その場所にしかない住宅をつくる鍵となります。

 

−02 耳をかたむけること

住まいづくりにおいてもっとも大切なことは、住む人と設計者のコミュニケーションです。 私たちはできるだけ建て主の言葉に耳をかたむけ、そして、できるだけ易しい言葉で、 分かりやすく話すように心がけています。納得いくまで、話のキャッチボールをしましょう。

−03 二人だからできること

住む人の思いや敷地のことをより広く考え、より深く理解するために、私たちは常に二人で考えます。 石井・近藤の男女二人によってバランスをとりながら、客観的かつ魅力的にイメージを膨らませていきます。

−04 豊かな住まいのために

心地よい暮らしを支える、採光・通風や断熱性、効率のいい家事動線や収納計画を大切にしています。 その上で、自然とのかかわり、家族とのふれあい、時の経過を想像しながら、飽きのこない豊かな住まいを 創りつづけていきたいと考えています。

−05 気持ちよい空間のために

気持ちよい空間のために、細かいところまで大切に設計しています。細部をひとつひとつ考え、丁寧につくって いくことが、生活の背景となる空間の質をきめ、住まいの気持ちよさの源になると考えています。

−06 建て主の方へ

ご家族や自分自身と向き合いながら、これからの暮らしを想像し、ひとつひとつ決断していくプロセスが「建てて良かった」というご自身の満足感につながるはずです。住まいは長い時間を共にする大切なものだからこそ、「住む人」と「私たち二人」で創る課程を大切にしたいと考えています。


協力事務所

筬島建築構造設計事務所
KAP(ケーエーピー)
小西泰孝建築構造設計
構造設計スタジオ シエスタ
大塚建築構造設計室
SPIRAL設備計画
神野設備設計
バサロ計画
トランジスタ有限会社(土地探し・不動産の企画・仲介・住宅ローンアドバイス・斡旋)
創造系不動産(土地探し・不動産コンサル)


案内図

 

PAGE TOP