蕨市のコートハウス

一戸建ての住宅

旧中山街道の風情が残る街区に計画した、50代後半夫婦の終いの住まいです。敷地の中で一番環境良い南西側にコート(庭)を設け、建築と格子状の塀で囲いコートに対して大きく開いた計画です。一日中、太陽の日射しを感じることができ、窓を開ければ自然に風が流れていきます。
自然の恵を取り入れながら暮らしてきた、日本の普遍的な住まい方を現在に継承し、庭と室内が融合し響き合うコートハウスを目指しました。

DATA

所在地  埼玉県蕨市
家族構成 夫婦
竣工   2014年4月
構造規模 木造 2階建(SE構法)
敷地面積 255.55m2(77.30坪)
建築面積 116.77m2(35.32坪)
延床面積 171.33m2(51.83坪)
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 NCN(エヌ・シー・エヌ)
施工   株式会社ニート
造園   TOKUZOU(トクゾウ)
備考   エネファーム、温水式床暖房(TES)
写真   Archiplace

設計・工事経過

PAGE TOP