方南町皮ふ科クリニック

子供や高齢者、そのご家族など地域住民ための皮膚科クリニックでエステを併設しています。
待合室は、明るいナチュラルな木(ナラ)と白を基調とした内装で、アクセントカラーのライトグリーンを要所に入れています。造付けベンチと高さを揃えた板張りの腰壁、折り上げ天井や間接照明がエリアを特徴付け、診察を待つ時間の快適性を高めます。
エステ側はアジアンテイストの落ち着きのある仕上げとし、診察側との差別化を計りました。また、子供を安心して連れてきやすいように、人工芝を敷いたキッズコーナーを目の届く場所に設けています。
先生やスタッフ側は動線と診察室・処置室を融合させ、水廻りも含めてコンパクトで無駄のないプランになっています。

>>設計・工事経過はアーキプレイスブログへ

床面積:145.76m2(44坪)
設計監理:設計事務所アーキプレイス
施工:アーキテク・エムズ有限会社
設計期間:2014.4〜2015.6.30
工事期間:2015.7.7〜8.29
住所:東京都杉並区方南町 2-20-15 オーロラ21ビル2階
名称:方南町皮ふ科クリニック
(皮膚科・エステ)

TEL:03-6454-6202
HP :www.hounan-hifuka.jp/

 

受付を見る。

受付を見る。

home-design-1

入口からベンチのある待合い側を見る。

home-design-2

受付のペンダントライト

受付の左側は診察室や処置室、カウンセリングルームへ向かう通路。

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

home-design-4

診察室1

home-design-5

診察室2

home-design-6

処置室

home-design-7

点滴スペース

home-design-8

待合室 正面奥に人工芝を貼ったキッズコーナー。

----------1

人工芝を貼ったキッズスペース。素足で遊べます。

home-design-9

キッズスペースには本やおもちゃを収納するベンチを設けました。

お客様用の洗面とトイレ。

お客様用の洗面とトイレ。

home-design-10

お客様用トイレ。ベビーシート、手摺やフックを取付け、パンフレット置場や収納を造作しました。トイレの足元に坪庭風に白い玉砂利を敷いています。

home-design-11

鏡の後ろに間接照明を隠し、洗面器は大きめのベッセル型で自動単水栓を使ったスッキリした納まりに。ダストシュートをカウンターに造付け。

home-design-12

待合室全景。手前の通路奥にエステ用の中待ちのソファ。

home-design-13

中待ちから待合室を見る。待合室との仕切りは、フリンジカーテン(コードカーテン)のアイボリーをダブルで取付けて見え方を調整しています。

home-design-14

中待ちのソファからパウダールームをみる。 パウダールームとの仕切りに2色(焦げ茶色とアイボリー)のフリンジカーテン(コードカーテン)を使っています。

home-design-15

パウダールームをみる。2人が同時使用できる洗面カウンターを造り付けています。両脇にエステ室(施術室とレーザー室)。

home-design-16

パウダールーム。2人用のカウンターの一方は洗面器付き。

home-design-17

エステ(施術室)は、リゾート(バリ風)ホテルの客室のようなしつらえ。焦茶に塗装された収納を造作。

home-design-18

アイボリーのフリンジカーテン(コードカーテン)を二重に使った見え方。

home-design-19

受付の内部。 カウンターやプリンターなどの機器を置く可動棚、その奥に2枚引き違い戸付きの収納を造作

受付とガラスの飾り棚。

受付とガラスの飾り棚。

>>設計・工事経過はアーキプレイスブログへ

保存保存

保存保存

保存保存