しだれ桜と暮らす家

なだらかな山並みが見え、のどかな田園風景が広がる中山間地域に建つ3世代・家族5人が暮らしていく住宅。庭には、この地域のシンボル的な存在となっていて、家族はもとよりご近所の人たちにも愛されている大きなしだれ桜があります。雪が解け桜が咲く頃には、ご家族の知人友人もたくさん花見に訪れ、一緒に宴会をして泊まっていく。家族の成長と暮らしを見つめ、人と人を繋ぎ、街の変化とともに生きてきたこのしだれ桜を新しい住まいにどう取込むか。いかに調和させるか。どのように引き継ぐか。この家づくりの大きなテーマとなりました。

>>設計・工事経過はアーキプレイスブログへ
>>ドローン空撮1 しだれ桜と暮らす3世代の家
>>ドローン空撮2 しだれ桜と暮らす3世代の家

■DATA

広島県三次市
竣工予定 2016年3月
構造規模 木造 2階建(在来構法)
敷地面積 1018.62m2
建築面積  244.62m2
延床面積  312.32m2
施工   (株)アマノ
構造設計 構造設計スタジオ シエスタ
写真   Archiplace

し

しだれ桜01_1596 しだれ桜02 しだれ桜03_1968 しだれ桜04_1939 しだれ桜05_1977 しだれ桜06 しだれ桜07_1797 しだれ桜08_2318 しだれ桜09 しだれ桜10右 しだれ桜11_1839 しだれ桜12_1764 しだれ桜13_1899 しだれ桜14_1929 しだれ桜15 しだれ桜16 しだれ桜17_1875 しだれ桜18_1716 しだれ桜19_2373 しだれ桜20 しだれ桜21_2013 しだれ桜22_2547 しだれ桜23 しだれ桜24_2609 しだれ桜25_1518 しだれ桜26_2640
しだれ桜27_003