クスノキのある場所

500坪程度の広い敷地の中に住宅とクリニックを建て替える計画です。敷地には巨大なクスノキが聳え立ち、それを住宅とクリニックが囲む様に配置します。住宅は全体敷地の南側の角に計画しました。
・南側に庭を設け、北西風を防ぐようなL型に計画
・家の中のどの場所からもクスノキが見え感じられる窓
・庭で遊ぶ犬の顔が見えやすい部屋の配置
・LDKと寝室の間に水廻りを設けた回遊する動線
・動線に沿った収納ゾーンを北西壁面に設置
・Kから階段を上がると多目的に利用できるロフト

■DATA
所在地  群馬県館林市
竣工   2009年9月
家族構成 姉妹+お母様
構造規模 鉄筋コンクリート造2階建て
敷地面積 274.04m2
建築面積 98.96m2
延床面積 109.51m2
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 桐野建築構造設計
施工   石川建設株式会社
備考   サーマスラブ(土壌蓄熱式床暖房)、外張断熱通気工法
オール電化住宅、エコキュート
コーディネート OZONE家づくりサポート
写真   Archiplace(AP)
掲載   >>designboom(イタリア) house in Gunma

sクスノキ住宅01_4635 クスノキ住宅02_4599  クスノキ住宅03_4476 クスノキ住宅04_4488 クスノキ住宅06_4710 クスノキ住宅07_4647 クスノキ住宅08_4656 クスノキ住宅09_4672 クスノキ住宅10_4543 クスノキ住宅11_4552 クスノキ住宅12_4831 クスノキ住宅13_4837 クスノキ住宅14_4799