囲まれた家

周りを8軒の建物で囲まれた敷地に、外部の視線を遮りながら、半透明の壁や中庭によって自然を取込み、明るく暖かで広々した住宅を実現しています。1階ではリビングと母の部屋の間に中庭を設け、光や風を取り入れることで、プライバシーの守られた開放的な空間を実現。キッチン、水廻り、サービスコートは並べて配置し、毎日の家事や将来の生活に配慮。2階では父の部屋と予備室の南側にバルコニーを設け、プライバシーを守りながら外部空間を取込みます。屋根をかけたバルコニーは、将来2世帯となった時の増築スペースでもあります。
建物中央の階段と洗面スペースのあるホールには、トップライトを設けて採光。半透明の床を通して1階に光を落とします。子供室は、北側の半透明の壁を通して光を取り入れます。
1階は全面を土壌蓄熱式床暖房(サーマスラブ)とし、温度差のない室内を実現。外壁や屋根は外断熱、開口部にはペアガラスを採用し、断熱性能の高い住宅としています。

■DATA
所在地  神奈川県横浜市
竣工   2005年2月
家族構成 夫婦+子供1人
構造規模 木造2階建て(在来工法)
敷地面積 148.49m2
建築面積 79.91m2
延床面積 135.85m2
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 設計事務所アーキプレイス
施工   宝建設株式会社
備考   サーマスラブ(土壌蓄熱式床暖房)、外張断熱通気工法
コーディネート OZONE家づくりサポート
写真   安川千秋(YC)+Archiplace(AP)
掲載   建築家と建てた素敵な家 成美堂出版(2006.9月号)

ひ






保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存