武蔵野の家

限られた都市スペースの中で、自然を感じながら、快適な住空間の確保する事を考えました。外部のエネルギーを建築的にコントロールしながら、健康的でエネルギー効率のよい室内環境をつくっています。家族や友人が集まるリビングダイニングには、南側にテラス窓、北側に高窓、東側吹き抜け上部に大きな窓を設けています。南側の大きな窓からは隣家と空間を共有する庭が眺められ、交流の場であるデッキへとつながっています。北側の高窓は、熱を逃がすとともに、やわらかな間接光を室内に取り入れます。東側上部の窓からは、朝の日差し、雲の流れ、ガラスの伝う雨、台風の猛々しさ、しんしんと降る雪、星の輝きまで手に入れることができます。この3つの窓が一日の光の変化を楽しませ、都市にいながら自然や地域との関わりを感じさせてくれます。

■DATA

所在地  東京都武蔵野市
竣工   1998年4月
家族構成 夫婦+お父様
構造規模 RC地下1階 木造2階
敷地面積 164.37m2
建築面積 65. 61m2
延床面積 132.29m2
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 鑓構造設計室+設計事務所アーキプレイス
施工   宗建築株式会社
備考   温水式床暖房(TES)、充填断熱通気工法
写真   Archiplace(AP)
掲載   Proto House Vol.5(2003.Spring号)
スタイルのある部屋vol.2   宝島社(2003.5月)

図

%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e01_001