しだれ桜と暮らす家

二世帯住宅・木製サッシ・庭・テラス・傾斜天井・ガレージ・木造2階建て

なだらかな山並みが見え、のどかな田園風景が広がる広島県の中山間地域に建つ3世代・家族5人が暮らしていく住宅。庭には、この地域のシンボル的な存在となっていて、家族はもとよりご近所の人たちにも愛されている大きなしだれ桜があります。雪が解け桜が咲く頃には、ご家族の知人友人もたくさん花見に訪れ、一緒に宴会をして泊まっていく。家族の成長と暮らしを見つめ、人と人を繋ぎ、街の変化とともに生きてきたこのしだれ桜を新しい住まいにどう取込むか。いかに調和させるか。どのように引き継ぐか。この家づくりの大きなテーマとなりました。

DATA

所在地  広島県三次市
家族構成 夫婦+子供1人+ご両親
竣工   2016年4月
構造規模 木造 2階建(在来構法)
敷地面積 1018.62m2(308.12坪)
建築面積  244.62m2(74.00坪)
延床面積  312.32m2(94.47坪)
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 構造設計スタジオ シエスタ
施工   株式会社アマノ
写真   Archiplace(AP)

設計・工事経過ブログ

しだれ桜01_1596
東側の道路から見た外観(AP)

しだれ桜02
この地域で愛され続けてきたしだれ桜(枝垂桜)(AP)

しだれ桜03_1968
庭から見た外観  主要室や客用の玄関が庭に面する  屋根には太陽光パネルを載せている(AP)

しだれ桜04_1939
外観  庭からデッキテラスとLDKを見る   昔洪水があったため、1階の床高さは少し高くしている(AP)

しだれ桜05_1977
子世帯の2階建てを見る  デッキテラスはリビングと繋がる(AP)

しだれ桜06
[左]屋根勾配なりに天井の高い玄関  床はナラの無垢フローリングで左手に和室(仏間)が見える(AP)
[右]天井には屋根架構をあらわし  右にはLDKや寝室、水廻りに通じる廊下(AP)

しだれ桜07_1797
仏壇を組み込んだ和室  左奥には床の間(AP)

しだれ桜08_2318
デッキテラスを介してしだれ桜の植わる庭に面した和室  外の軒の出は1.8m(AP)

しだれ桜09
[左]天井は傾斜していて障子と木製サッシは壁に引き込み開け放つことができる(AP)
[右]床の間(AP)

しだれ桜10右
[左]架構を表した天井  ロフトの窓やトップライトからも光が入る(AP)
[右]ロフト(AP)

しだれ桜11_1839
デッキテラスを介してしだれ桜の植わる庭に面した和室  外の軒の出は1.8m(AP)

しだれ桜12_1764
リビングからダイニングキッチン側を見る  正面の家電置場+食器棚は造作  左手奥の引き戸を開けると親寝室(AP)

しだれ桜13_1899
ダイニングからリビング側を見る  屋根の架構は玄関の天井までのびる(AP)

しだれ桜14_1929
デッキテラスから室内側を見る  ロフトの窓を通して空が見える(AP)

しだれ桜15
[左]ダイニングキッチン  キッチンのレンジフードは天井から吊っている(AP)
[右]キッチンから屋根架構を見る(AP)

しだれ桜16
[左]親寝室  正面の掃き出し窓を開けると段差なくつながるデッキテラス(AP)
[右]親寝室にはクローゼットを設け、専用のトイレと洗面を設置(AP)

しだれ桜17_1875
子寝室  しだれ桜の見えるデッキテラスに面する(AP)

しだれ桜18_1716
2階にある子世帯のLDK  ベランダを通してしだれ桜が見える(AP)

しだれ桜19_2373
ベランダには屋根がかかり、しだれ桜を愛でることができる  右は子供室の掃き出し窓(AP)

しだれ桜20
[左]子世帯  LDK(AP)
[右]階段室に面した開口から外へと視線が延びる(AP)

しだれ桜21_2013
予備室2、3  当面は広く使い、将来の二世帯化や家族構成の変化に対応できるように引き戸で仕切っている(AP)


西側には車椅子で出入りできるようにスロープを設けている(AP)

しだれ桜23
[左]外壁は板張りに着色保護塗装(AP)
[右]庭側からは階段でデッキテラスに上がる  庭際には雨落ち受けを兼ねて砂利を入れた排水溝(AP)

しだれ桜24_2609
LDKと庭の夕景  庭には真砂土を敷いている(AP)

しだれ桜25_1518
夜景  子世帯の2階建てを見る (AP)

しだれ桜26_2640
夜景  しだれ桜はライトアップされる (AP)

しだれ桜27_003
ドローン鳥瞰  1階ゾーンと2階ゾーンがL字型に配置されている  Lのコーナー側は車寄せで勝手口もある (AP)

PAGE TOP