まりレディスクリニック

婦人科・RC造・平屋・借景

大きなクスノキが立つ500坪の土地の住宅とクリニックの建て替え計画。
自然の力の宿るクスノキに視線や意識が集まるように、住宅とクリニックをクスノキを囲むように別棟として配置。駐車スペースも敷地内に設けて住宅とクリニックの人と車の動線を分離しました。クリニックは元の構成をベースに、院長室と処置室2を増やしてゾーニング、同時に患者さんとスタッフの動線を明確に整理しました。待合室は、視線の向きや明るさにより3つのエリアに分け、患者さんがその時の気持ちに応じて場所を選べるように配置。各部屋の特性に合わせた採光、クスノキを切るとる窓、竹のフローリング、間接照明などが緊張を和らげ、ゆったりとリラックスできる空間を作っています。

DATA

群馬県
竣工 2010年7月
構造規模 RC造平屋建
敷地面積 133.93m2
建築面積  177.29m2
延床面積 158.96m2
施工 石川建設(株)
構造 桐野建築構造設計
コーディネート OZONE家づくりサポート
サーマスラブ(土壌蓄熱式床暖房)
RC外断熱通気工法
撮影 Archiplace
s

設計・工事経過


クリニックは高さを抑えた片流れ屋根の平屋で、鉄筋コンクリート造の外断熱


クスノキに向けて各所に窓を設けた雁行した形態


アプローチ  高さを低く押さえた軽やかなキャノピーと1/20勾配のスロープ  正面には移植したワビスケが見える

敷地のシンボル的存在の巨大なクスノキを活かした配置と平面計画  奥に母屋が見える


玄関扉は木製格子のはまった框ドアで、人の様子が見え隠れする


入り口から待合室を見る コンクリート打ち放しの壁と竹フローリング 右は受付


待合室 クスノキに向かって開かれた大きなコーナー窓


心配で緊張している患者さんを少しでもリラックスさせる空間づくり


待合室から玄関側(土足)を見る  玄関から待合室が丸見えにならないように受付カウンターを出っ張らせている


受付カウンターは床と同じ竹縦層合板


待合室から中待ち方向を見る 左手コーナー窓はデスクとして使用できる


待合室には明るい場所と暗めの場所を用意  患者さん達が向かい合わないように椅子の向きを変えている


中待ち 竹フローリングの床と壁を間接照明が照らす  引き戸にも竹フローリングを張っている


診察室の天井は高く、北側上部に設けた横長連続窓から安定した光が入る


初診室、内診室、処置室1、処置室2はパーテーション(高さ2m)で仕切る  スタッフ動線沿いに収納・作業台を兼ねた流し台


処置室1 天井が高く北側の高窓から外の様子も感じられる


中待ち(廊下)は機材の搬入を考慮した幅1.25m  左はレントゲン室の入り口


窓で切り取られたクスノキが随所で見える


トイレ  アンモニア臭などを吸着分解する火山灰クリームを天井と壁に塗っている


[左]トイレブース内には検尿コップの小窓付き  [右]トイレと隣り合わせの汚物流しコーナーは吸音パネルで囲って音漏れ防止


受付  薬剤やカルテラックなど備品を納める棚を造作


院長室 窓側に客用テーブル、右奥にデスクを置き、正面壁には絵を飾る


レントゲン室  天井、壁、巾木、床は散乱線防護の性能を持つ材料で仕上げている


夕景(外構未整備時)

  • 模型
PAGE TOP