方南町皮ふ科クリニック

皮膚科・エステ・内装設計

子供や高齢者、そのご家族など地域住民ための皮膚科クリニックでエステを併設しています。
待合室は、明るいナチュラルな木(ナラ)と白を基調とした内装で、アクセントカラーのライトグリーンを要所に入れています。造付けベンチと高さを揃えた板張りの腰壁、折り上げ天井や間接照明がエリアを特徴付け、診察を待つ時間の快適性を高めます。
エステ側はアジアンテイストの落ち着きのある仕上げとし、診察側との差別化を計りました。また、子供を安心して連れてきやすいように、人工芝を敷いたキッズコーナーを目の届く場所に設けています。
先生やスタッフ側は動線と診察室・処置室を融合させ、水廻りも含めてコンパクトで無駄のないプランになっています。

DATA

床面積:145.76m2(44坪)
設計監理:設計事務所アーキプレイス
施工:アーキテク・エムズ有限会社
設計期間:2014.4〜2015.6.30
工事期間:2015.7.7〜8.29
住所:東京都杉並区方南町 2-20-15 オーロラ21ビル2階
名称:方南町皮ふ科クリニック
(皮膚科・エステ)

TEL:03-6454-6202
HP :www.hounan-hifuka.jp/

設計・工事経過


入り口から待合いスペースを見る 右に受付


待合いスペースから入り口方向を見る  奥にはキッズコーナーやエステ側への通路がある


受付背面のニッチはクリニックのロゴマークが入る


左側は診察室や処置室へ向かう通路  受付カウンターはデスク上のPCモニターが隠れるギリギリの高さ


クリニック入口の正面  左は受付で右はガラスの飾り棚


診察室1 右側に廻り込むと診察室2


[左]診察室2 右奥で診察室1に繋がる  [右]リクライニングチェアの置かれた点滴スペース


白を基調とした処置室 左に入り口の引き戸が見える


高さ1.5mの壁の向うは点滴スペース 建具やロールスクリーンで仕切ることができる


キッズコーナーから待合スペース側を見る  右にエステ通路が見える


[左]エステ通路の肘掛け付きベンチ 左右には飾り棚  [右]フリンジカーテンを通してパウダールームを見る


エステ側のパウダールーム  片方に洗面器のある2人用のカウンター


エステ側は中央のパウダールームから処置室2、処置室3に分かれる


アジアンテイストのインテリアとした処置室2 右の収納家具に配管や換気扇などを隠している


[左]パウダールーム側からや待合室側を見る    [右]2重に垂らしたフリンジカーテン(コードカーテン)


キッズコーナーの床は人工芝  空をイメージした天井の丸い開口と、街をイメージした壁紙


キッズコーナーから受付側を見る  ナラ突き板の腰壁が水平方向の広がりと統一感をもたらす


手前はキッズコーナーの収納を兼ねたベンチ  右奥には客用手洗いコーナー


客用の手洗いとトイレ  洗面器は大きめのベッセル型で自動単水栓を使ったスッキリした納まり


[左]白玉砂利敷きの坪庭のあるトイレ 手前はベビーシート  [右]鏡と間接照明 ゴミ箱は浮かせたか家具内へ


[左]受付内部を見る 奥にはカルテなどの収納スペース  [右]受付側の見返し


[右]緑色を微かに帯びた白磁のペンダントライト  [右]カウンセリングルーム 右は資料やサンプルを置くニッチ

マガジンラックは掃除が楽にできるように腰壁から浮かせたデザイン


マガジンラック(雑誌置き場)のコーナー部分


巾木部分には引き出し収納組み込んだ造り付けベンチ

  • 模型
PAGE TOP