猫と暮らす中庭のある家

ペット・中庭・テラス・吹抜

モノづくりのお仕事をされている猫好きなご夫婦と小さな子供のための住宅。
「居心地のいい、落ち着く家」が家づくりのテーマです。
新たに住居地として開発された敷地の特性を読み、東の空き地に面して設けた中庭を、建物がコの字に囲む計画です。内部のプライバシーを守りながら、南側隣地の建物越しの光を室内深くに取り込みます。
内部では、猫の行ける場所に制限を設けて人と猫のゾーンを明確に分け、お互いがストレスを感じることなく暮らしていけるようにしています。

DATA

所在地  埼玉県所沢市
家族構成 夫婦(30代)+子供1人+猫
竣工   2013年9月
構造規模 木造2階建(在来構法)
敷地面積 150.09m2(45.40坪)
建築面積  76.36m2(23.09坪)
延床面積 129.89m2(39.29坪)
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 設計事務所アーキプレイス+KAP
施工   株式会社小山工務店
備考   温水式床暖房、充填断熱通気工法
コーディネート OZONE家づくりサポート
写真   Archiplace

設計・工事経過

猫と暮ら01_5561
道路側からの外観 住宅造成地の一部を道路レベルに欠きとり駐輪スペースに  南北に長い敷地の中央付近に玄関を設けている

猫と暮ら02
[左]ピロティ部分は駐輪スペース 好きな色のガルバリウムサイディングンの外壁  [右]数段上がって木製ドアを開けると玄関 溶融亜鉛メッキの庇がかかる

猫と暮ら03_5389
玄関ドアを開けると目の前に中庭  明るく広がりのある玄関  正面のシンボルツリーはシマトネリコ 中庭は南洋材の床と板塀

猫と暮ら04_5512
LDK 吹抜けのダイニングにはパトリシア・ウルキオラのペンダントライト キッチンの腰壁は奥行きの浅い収納  小物引出しや食器収納や飾り棚に便利


[左]吹抜のダイニングからリビング方向を見る  2階手すりは落下防止のワイヤメッシュ  [右]システムキッチンの背面は家電収納を造作

猫と暮ら06_5440
キッチンから吹抜けのダイニングや中庭を見る

猫と暮ら07_5422
リビングはテレビを壁掛け 造作の木製ルーバー引き戸のカウンター収納にAV機器やゲームを入れ猫のいたずら防止 カウンター上部の棚は猫ステップにもなる本棚

猫と暮ら08_5503
リビングからダイニング方向を見る


[左]ダイニング 冬の光を取り込む  [右]中庭から建物を見る 窯業系サイディングの外壁

猫と暮ら10_5497
正面の窓は猫のお気に入り 窓枠に鎮座し外を眺めています


[右]キッチン隣のパントリーから梯子で奥様趣味室へ  [左]趣味室は1.4mの天井高 水色の壁はお気に入りのベンジャミンムーアペイントで施主施工

猫と暮ら12_4491
奥様の趣味室の開口からは、中庭の向こうの洗面室まで見通せる

猫と暮ら13_4287
中庭は段差なく室内とつながり一体感がある  猫の脱走を防せぐ板塀で囲んでいる


[左]離れのような和室 客間として利用 窓を絞って落ち着いた雰囲気に  [右]和室の窓には障子を入れて柔らかい光を入れている

猫と暮ら15_1070443
地板は濃い色のローズウッドの突き板合板で縁なし畳と対比させている  障子を開けると地窓からモミジが見える

猫と暮ら16
[左]中庭に面する洗面室   [右]浴室の窓から中庭のシマトネリコが見える

猫と暮ら17_4374
2階ホールは将来の子供部屋 天井は木目調

猫と暮ら18
[左]トイレと主寝室のドアは猫扉付き[右]トイレには下部の空いたスペースに猫のトイレを置き奥に引き戸付きの収納を造作 上部はストック置き場

猫と暮ら19_4388
小上がりの畳敷きの主寝室 バルコニーに面する テレビ置きカウンターと上部にAV機器置き場があり配線は壁の中を通し猫のいたずらを防止

猫と暮ら20_5515
ダイニングを見下ろす

猫と暮ら21_4619
中庭の夜景

  • 掲載
  • 模型

台湾のデザインサイト「緑・建築家」[興愛猫和諧共存]
建築知識(2014.4月号)「センスを磨く!  高さ寸法のルール150」
homify(ホミファイ)>>ウッドデッキの中庭が快適!猫と暮らす家

PAGE TOP