遠くの海を望む家

傾斜地・景勝地・半地下RC・終の住処

定年を控えたご夫婦が、海の見える景勝地でアクティブに、時にゆったりとシニアライフを送るための住まい。
傾斜した敷地は二方向からアプローチできるものの、海の見える住まいを建てるには、
隣家の屋根越しの視界を得る必要がありました。
限られた予算を有効に使い、この敷地の特徴を最大限引き出すために、造成が必要な鉄筋コンクリートの半地下は趣味の自転車スペースとして最小限に計画。その上に木造3階建てを載せました。1階の玄関とフリースペース、2階の寝室ゾーンはコンパクトに重ね、片持ち構造で床を広げた3階には、海の望めるLDKとデッキテラスとお風呂があります。

DATA

所在地  神奈川県三浦郡葉山町
家族構成 夫婦
竣工予定 2023年2月
構造規模 地下鉄筋コンクリート+地上木造3階建(在来構法)
敷地面積 216.66m2(65.53坪)
建築面積  56.31m2(17.03坪)
延床面積 117.59m2(35.57坪)
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 構造設計スタジオシエスタ
施工   未定

設計・工事経過ブログ

  • 設計・工事経過
 
PAGE TOP