Villa K

18坪の台形敷地を有効活用した事務所ビル。台形の敷地の短辺側に最小限の大きさで入口と階段室を設け、長辺側に最大限の事務所スペースを確保した。事務室はワンルームとして、長辺の長さを活かした広がりが感じられる室内としている。東側はカーテンウォールで街に対して開きながらシャープな光を取り入れ、西側はガラスブロックを使い、閉じながらも柔らかな拡散光を室内に取り入れている、建物にやわらかな影を落とす街路樹は、各階での借景となり室内に彩りと生気を与えている。台形短辺を奥行とする門型のフレームの外観は、駅からの人の流れを迎えるゲートのように、街路樹の奥で力強く立ち上がっている。

■DATA

東京都新宿区
竣工 2004年11月
用途 賃貸マンション
構造規模 RC造4階建
敷地面積 103.24m2
建築面積  61.76m2
延床面積 243.03m2
施工 (株)小川建設
備考 電気式床暖房
協働設計 かんざわ一級建築事務所
構造 筬島建築構造設計事務所
撮影 BAUHAUS NEO