代沢の家

狭小地・RC造地下あり・テラス・地下1階地上3階建て・屋上テラス

敷地は、道路に接する2.5m以外の周囲を住宅に囲まれています。敷地境界から、工事に必要な最小限の距離をとり、敷地一杯を利用した計画としました。入り口にはポーチを設け、自転車2台分のスペースとガーデニングスペースを確保。玄関を入ると地階、上階への階段に繋がっています。階段の上部は大窓にし、透ける階段や半透明の間仕切りを通して、各部屋に明るさをもたらします。
地下1階は、来客の宿泊や納戸として使う予備室と、趣味室のある静かで落ち着いた場所です。
1階は主寝室、トイレ、洗面室、浴室があり、2階はLDKとガーデニングテラスのある家族が集う場所です。家族が長く過ごすLDKには、ガーデニングテラスを設けて光、風、雨を内部に取込みます。3階は子供室とユーティリティがあり、子供室は将来の変化に対応できるよう収納で仕切っています。ユーティリティは物干しテラスに隣接しており、そこから屋上へ上がることも出来ます。
通風用の窓は、プライバシーの確保と近隣への配慮から、小窓として東西南北に設けています。

DATA

所在地  東京都世田谷区
家族構成 夫婦+子供2人
竣工   2004年12月
構造規模 鉄筋コンクリート造地下1階+地上3階建
敷地面積  58.05m2(17.56坪)
建築面積  40.47m2(12.24坪)
延床面積 148.02m2(44.78坪)
設計監理 設計事務所アーキプレイス
構造設計 桐野建築構造設計
施工   株式会社関口工務店
備考   温水式床暖房(TES)
コーディネート OZONE家づくりサポート
写真   安川千秋(YC)+Archiplace(AP)


[左]道路に2m接道の奥まった敷地に建つ鉄筋コンクリート地下1階地上3階建ての住宅[右]玄関ポーチにはご趣味のガーデニングスペース 玄関は引き戸


玄関はポーチから続く白玉砂利洗い出しの床仕上げ 階段は光を通すエキスパンドメタルの鉄骨階段


[左]玄関見返し 地下はご主人の趣味室 廊下突き当たりは主寝室[右]階段を見る 壁は土塗り壁仕上げ


[左]在来の浴室 ポリカーボネート中空板の引き戸[右]洗面室 コンパクトでありながら収納量のある洗面カウンターとリネン庫を造作


エキスパンドメタルの階段見上げ


リビングダイニングは光の筒の階段室に面する 階段室はポリカーボネート中空板の引き戸や壁で囲まれている


リビングからの眺め ダイニングの奥にテラスとコンパクトなコの字型のキッチン テラスは木製のベンチや植木鉢で彩られている


[左]キッチンからの眺め 正面のテラスは目隠しもかねてパイバーグレーチングの柵[右]キッチンは変形敷地にあわせて造作


[左]テラスとキッチン[右]テラスからキッチン側を見る 上部は屋上への階段 段板をファイバーグレーチングでつくり光や風を通す


[左]階段室の引き戸を開けた様子[右]階段室の引き戸を閉めた様子 重なり部分がグラデーションになり面白い表情


[左]階段室上部の大窓を見る 光の源[右]大窓からの光を通す様子

[左]3階は高度斜線で切られる形状で大窓がかかる[右]船内をイメージした子供室 船舶用の照明と丸窓を採用


[左]階段踊り場から玄関見下ろし [右]主寝室 右手はプロフィリットガラスダブル 壁とクローゼット扉はバーチ天然突き板仕上げ


[左]地下の予備室から見た階段 ガラスブロックの壁[右]ご主人の趣味室 ギターのコレクションや本やレコードやCDに囲まれて至福の一時を味わう場

 

  • 掲載
  • 模型
  • 設計・工事経過ブログ

世界でいちばん自分らしい家4 扶桑社(2006.9月)
新しい住まいの設計(2005.9月号)

PAGE TOP